逆子について

逆子の原因とは?

子宮の中で赤ちゃんの頭が上で、おしりや足が下になっている通常とは逆の位置にいる状態です。カラダの歪みによる腹腔骨盤腔の形の変更により子宮の傾き、変形が発生して元に戻れない状態をさします。

本来出産が間近になると、胎児は頭が下の方へ下がってきます。この時期は、脳の比重がカラダの比重より重くなるため、逆さまになるのです。この自然現象の妨げになるのが、

①臍帯がカラダに巻き付いて身動きに制限が生じている状況
②骨盤腔の内圧が減少している状況

などが挙げられます。

①の原因に一番大きく関与するのが自動車です。
胎児は子宮の中で「Cの字の形」で羊水中にプカプカ浮かんでいます。

ですから自動車の加速減速時の慣性力により、回転してしまうのです。
その結果、臍帯がネジネジ状態に捻れたり、体へ巻き付いたりしてしまいます。
これの程度によっては、大変な状況にまで発展してしまう場合もあるので、極力自動車は控えて下さい

②の原因としては、歩行不足や不良姿勢、メンタルでの過度なストレスなどが関与しています。
ではなぜ、

骨盤腔の内圧が減少すると逆子になりやすいのか?

人体には「4つの腔」が存在します。
上から順に

頭蓋腔

胸腔

腹腔

骨盤腔 

です。そしてこれらの関係が正常な状態においては、下へ行くほど内圧が高い状態になっています。

皆さんは、浮沈子をご存知ですか?

ペットボトルを外から押すことによって、浮沈子の中の体積が縮小して浮力が小さくなり沈みます。逆子はこれの逆現象で、仙腸関節(骨盤)の緩みにより骨盤腔の内圧の減少状態となり、胎児の体積が膨張傾向へと向かうことで起きやすくなります。

当院の逆子の施術について

鍼・整骨施術により、仙腸関節(骨盤)が正常な位置へと変化することで、正常な骨盤腔の内圧が形成され、逆子が改善されやすくなります。また、脳脊髄液の還流改善や、脳への血流量の増加も付随して起こるので、メンタルストレスの軽減にも役立つ結果となりやすいです。

 

逆子治療の口コミを御覧ください。

えみこ

3 か月前
妊娠8ヶ月で逆子になりました。一回目の治療で、骨盤を整える施術と、さらしの巻き方や逆子に良い動作などを理論的に教えて頂き、病院で聞いた逆子体操より納得できる指導でした。
それから2日ほど経ち、夜寝ていたらお腹にギュッとした痛みのようなものがあり、飛び起きました。
もしかしたら…と思って、次回の妊婦検診で診てもらったら、逆子が治っていました!
妊娠後期でもう無理かと思っていたので、本当に良かったです。
その後も継続して骨盤治療に通い、通常分娩で出産できました!三回いきんだだけで出て来てくれて、病院の先生が「何もすることないじゃんっ!」って言うほどの超安産でした。
逆子で悩んでいる人に知ってほしいと思いました。

 

投稿日:2019年5月8日 更新日:

◯受付時間
8:30〜12:00
16:00〜19:30

月・火・木・金
14:30〜16:00
※自費診療(完全予約制)

水・土
13:00〜14:00
※水曜午後・土曜午後は自費施術が
完全予約制となっております。

◯休診日
日曜・祝日

◯電話番号
052-461-2833

◯所在地
〒453-0053
名古屋市中村区中村町7-24
サンライズソブエ1F

◯駐車場
3台完備
一方通行の前の駐車場のため、
回り道をしていただき、駐車していただきます。

◯アクセス
名古屋市営地下鉄東山線
中村公園駅から徒歩5分
中村町の交差点(セブンイレブン手前)を右折してすぐです。